tamaeの日記

主に旅の日記や趣味に関することなどを綴っていきます。

樫本大進×アレッシオ・バックスデュオリサイタル

今日は、所沢まで遠征してコンサート鑑賞してきました。

この間、上海まで遠征したんだから、所沢なんて近い近い。と言いつつ、暑くて移動が大変でした。今年は梅雨はどこへ行っちゃったんでしょうね。

 

さて、樫本大進×アレッシオ・バックスデュオリサイタルは、所沢の市民文化センター、ミューズアークホールで開催されました。日本ツアーの最終日のようでした。

 

演目は以下の通り。

 

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第25番 ト長調 K.301

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調「雨の歌」op.78

シマノフスキ:神話~3つの詩 op.30

グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ短調 op.45

 

まず、うれしかったのは、ホールの音響。二人の奏でる音が溶け合い響く。それから息の合った演奏。デュオリサイタルという意味がよくわかります。

年代の違う演目でしたが、どの曲も楽器がよくうたっていて、聴いているこちらもかなり心地よかったです。

特にシマノフスキがよかったかな。もちろんすべてよかったですが、その中でも私が好きなのはシマノフスキでした。

普段はブラームスが大好きなんですけどね。笑

 

こんな素晴らしいコンサートを聴くことができて、本当に、今日はよい一日でした。お二人とも、ありがとうございました!次はアレッシオ・バックスさんのソロリサイタルを聴いてみたいです。まだ若いと思いますが、円熟味のある柔らかな響きがとてもよかったです。

また、とても美味しいランチを用意してくれたうえに、コンサート鑑賞につきあってくれたお友達にも感謝します!

 

f:id:tamaeko:20170717221533j:plain