tamaeの日記

昨日よりちょっといい日。旅や趣味に関することなどを綴っていきます。

香港2017春 香港の春は肌寒かった

お題「好きな街」

昨年はここ数年の中で一番といっていいくらい忙しい年でした。今まで印刷物中心でやってきた仕事に、昨年、ようやくというか、ついにというか、ウェブ関連の仕事が加わり、本格的に取り組まなくてはならなくなり、それに加え、リアルイベント開催などというおまけの仕事まで加わり、てんやわんやの日々。

 

そんな中、ANAのマイレージが貯まったので、この春の香港往復航空券を予約。

 

ということで、春先一番の大仕事を片づけて、3月11日(土)から14日(火)まで香港で休暇を楽しんできました。

 

f:id:tamaeko:20170316223142j:plain

 

昨年夏以来の香港。湿度は高いものの気温は18℃と意外と肌寒く、飛行機が着陸すると同時くらいから頭痛がし始めました。

 

このあと、初めてエアポートエクスプレスという市内まで早く連れて行ってくれるという電車に乗りました。九龍駅からリムジンバスに乗り換えホテルへ向かうのですが、まず、バスが小さかったこと、それから荷物(スーツケース)を自分でバスに積まなければならないこと、それから九龍駅からホテルまで渋滞でかなり時間がかかったことなどもあり、高い割に時間がかかり、不便だということが判明。

 

今まではシティフライヤーというリムジンバスを使っていて、こちらも自分で荷物は積む必要はあるし、時間帯によっては渋滞はしますが、乗り換えの必要はないし、安いし、たくさん本数も出ているし、という理由から、今後はシティフライヤーを愛用することを心に誓ったのでした。(どうでもいい話ですが...^^;)

 

ホテルは、九龍半島の中心地である尖沙咀(チムサーチョイ)にある、リーガルカオルーンホテル(富豪九龍酒店)に3泊しました。

 

このホテル、なぜだか宿泊客の評価があまり高くなかったのですが、どうしてどうして、なかなかよいホテルだったと思います。

まず、立地の良さ。徒歩であちこち出かけるのに便利。

それから、従業員のホスピタリティー。どこでもホテルの中で会うと笑顔であいさつしてくれたり、声掛けしてくれたりで、とても印象がよかったです。香港で笑顔で接客してくれるところを探すのはけっこう困難ですから。

 

また、ひとりで宿泊したのですが、ツインルーム(ダブルベッドがふたつ)で、部屋がとても広くて、十分くつろげました。お湯の出も良く、レインシャワーも使いやすくて、お値段の割にとても良いと思いました。

 

f:id:tamaeko:20170316225045j:plain

f:id:tamaeko:20170316225059j:plain

 

などと、ホテルを称賛していますが、到着した日は、実は、その後、頭痛がかなりひどくなり、チムサーチョイへ買い物へ出たものの、脂汗が出てきて気持ち悪くなり、ホテルへ早々に戻り、午後8時前には就寝したのでした。

 

前の日まで、入稿する原稿のやりとりでかなりの緊張を強いられた日々を送っていたので、疲れが一気に出たようです。あとは、飛行機の中でワインたくさん飲んじゃったからかもしれません。