tamaeの日記

昨日よりちょっといい日。旅や趣味に関することなどを綴っていきます。

大興奮!大相撲九州場所初日を観てきました!

今年の大相撲九州場所は11月13日(日)から15日間の日程で開催されました。

初日、知り合いのつてで桝席のチケットをとっていただけたので、早朝に羽田から福岡まで飛んで観戦してきました。大相撲はテレビでは子どものころから見ていますし、ひいきの力士もいますが、実際に生で観戦するのは生まれて初めてのことです。この日をとても楽しみにしていました。

 

f:id:tamaeko:20161211215951j:plain

 

会場に入ると指定の桝席まで担当の方が案内してくれました。私が座ったところは東の力士が出入りする横で前から2番目の桝席でした。この席のおかげで、テレビを見ていた会社の人からメールが入りました(笑)。それまでテレビに写っているとも知らず、スマホでガンガン撮影しまくっていたので、友達からは「スマホばかりいじるな」とメールが入りました。^^;

さて、席からはどのように見えるかというと、写真の通りです。

 

f:id:tamaeko:20161211220502j:plain

西の幕内力士の土俵入り。

 

f:id:tamaeko:20161211220520j:plain

西から稀勢の里が入場。

 

f:id:tamaeko:20161211220631j:plain

f:id:tamaeko:20161211220641j:plain

大関稀勢の里は一番最後に登場です。

 

f:id:tamaeko:20161211221042j:plain

横綱日馬富士は東から入場。こんな感じで写真が撮れるくらいの席で観戦したので、興奮するなと言うほうが無理です(笑)。

 

f:id:tamaeko:20161211221211j:plain

横綱鶴竜の土俵入り。

 

横綱土俵入りでは、白鵬日馬富士は不知火型、鶴竜は雲竜型で、四股の踏み方、縄の結び目など違います。不知火型の結び目は蝶々のような結び方です。

横綱の土俵入りは威厳があり、観ているこちらも緊張しました。

 

f:id:tamaeko:20161211221620j:plain

f:id:tamaeko:20161211221715j:plain

f:id:tamaeko:20161211221727j:plain

行事さんのいでたちがどなたも素敵でした。

 

f:id:tamaeko:20161211221741j:plain

稀勢の里。待っているときもかわいい。今場所、途中までいい線いってましたが、意外なところで、いつものように負けてしまい、優勝争いから脱落してしまいました。でも、年間最多勝の記録だけは死守できました。長年応援してきたファンとしては嬉しいです。

ところで、話は少しそれますが、千秋楽にテレビで大相撲観戦をしていたところ、稀勢の里の取り組みになった時、解説の北の富士さんが仰っていたことが気になりました。なんでも二所ノ関親方(若嶋津)が稀勢の里の稽古を見て、四股の踏みが足りないといっていたと。三回四股を踏んでは休み、また三回踏んでは休みでは、だめなんだそうです。四股ってそんなに大事なのかと初めて知りました。

実際、四股は基本の姿勢なので、基本が続けてできないのは大問題なのかもしれませんし、そこが稀勢の里がときどき見せる脆さの原因になっているかもしれません。

 

f:id:tamaeko:20161211221808j:plain

横綱白鵬と関脇隠岐の海の対戦。隠岐の海は今場所いまひとつ調子がでなかったですね。上位陣との対戦が多かったからでしょうか。足首が悪そうでした。

 

f:id:tamaeko:20161211222409j:plain

勝って引き上げる白鵬

 

f:id:tamaeko:20161211222530j:plain

ワーワー言いながら観戦していたら、2時間半があっという間でした。

 

会場の外に出たら、すでに日が落ちて真っ暗でした。

 

f:id:tamaeko:20161211222548j:plain

f:id:tamaeko:20161211222601j:plain

 

大勢の観客にまぎれてお相撲さんも帰っていきます。

とても楽しかったので、年明けてすぐの初場所のチケットをとりました。今度は両親と一緒に行く予定です。