tamaeの日記

昨日よりちょっといい日。旅や趣味に関することなどを綴っていきます。

香港2016夏 映画「燃えよドラゴン」ロケ地の青山禅院へ

倫敦大酒楼での飲茶の朝食を終え、MTR旺角(モンコック)駅から荃湾(チュンワン)線に乗り美孚(メイフー)駅で西鉄線に乗り換え、終点の屯門(テュンムン)駅に向かいます。乗車時間が長いので座ってのんびり鉄道の旅を満喫。途中から景色が開け、緑の丘陵が広がる香港郊外の住宅地を電車は進んでいきます。

終点の屯門駅からタクシーに乗って「青山禅院」に向かいました。乗車して10分もしないうちに青山禅院手前に到着。急な坂道で下車しました。

ちなみに青山禅院は、香港の三大古刹のひとつで、創建されたのは1500年以上も前のこと、仏教がもたらされ布教の中心的存在だったそうです。

 

少し歩くと青山禅院の入り口が見えてきました。まずは記念撮影。

f:id:tamaeko:20160813233034j:plain

 

青い空に黄色い門構えが目をひきます。

f:id:tamaeko:20160813233055j:plain

 

門をくぐってしばらく階段をのぼり振り返ってみると素晴らしい眺めが広がっていて、これだけでもかなり感動しました。

f:id:tamaeko:20160813233117j:plain

 

さらに登っていきます。

f:id:tamaeko:20160813233136j:plain

 

登ったところに青雲観という石碑が。石碑の向こうにさらに素晴らしい眺めを望むことができます。

f:id:tamaeko:20160813233150j:plain

 

青雲観の石碑の下にある池にはかなり大きな亀がいました。

f:id:tamaeko:20160813233246j:plain

 

ここからは香港島方面の眺望が楽しめます。天気がよく、かすかに高層ビル群なども見ることができました。風がきもちよく吹いていました。

f:id:tamaeko:20160813233225j:plain

f:id:tamaeko:20160813233302j:plain

 

寺院の左手には、テント張りの飲茶処(膳堂)がありました。日曜日で、参拝客が多く飲茶は賑わっていました。ご家族での参拝も多かったです。

f:id:tamaeko:20160813233319j:plain

f:id:tamaeko:20160813233346j:plain

f:id:tamaeko:20160813233403j:plain

 

本殿右横から奥に進むと階段があり、それを登るとこんな場所に到着しました。大きな岩の下にお坊さんの像があります。ここで修業をしたお坊さんがいたのでしょうか。ここは「杯渡岩」というところだそうです。

f:id:tamaeko:20160813233420j:plain

 

振り返ると門があります。この先に、燃えよドラゴンの撮影場所の説明がされた看板があります。

f:id:tamaeko:20160813233435j:plain

 

ちょっと横道にそれて、さらに階段を登っていくと、こんな廃屋が。

f:id:tamaeko:20160813233449j:plain

 

また別の階段を登っていくと、こんな塔(時輪金剛佛塔)にもたどり着きました。

f:id:tamaeko:20160813233503j:plain

 

さて、燃えよドラゴンの撮影ポイントに戻りますが、二つ手前の写真の黄色い門を先に進むと獅子が上に乗った赤い門(和合山門)があります。この門のすぐ横に、撮影ポイントを説明する看板があります。

f:id:tamaeko:20160813235159j:plain

 

李小龍事蹟徑。The Bruce Lee Way。ここで映画「燃えよドラゴン」の中のワンシーン、「Don't think. Feel!!」と弟子を指導する有名なシーンが撮影されたそうです。

f:id:tamaeko:20160813235220j:plain

 

このシーンですね。映画の最初のほうに出てくるシーンです。

f:id:tamaeko:20160813235244j:plain

 

ちなみに、こんなかわいいトレードマークが看板についています。ワッペンとかバッジがあると嬉しいですね。

f:id:tamaeko:20160813235257j:plain

 

この看板から先に進み、さらに階段を登っていくと、高僧との対話シーンの等身大パネルがあります。

f:id:tamaeko:20160813235320j:plain

 

階段まで進むとこんな眺望が待っています。こちらは屯門そばの海岸を見渡すことができ、高層の住宅がたくさんありました。ここも風が気持ちよかったです。

f:id:tamaeko:20160813235525j:plain

 

さて、お待ちかねの高僧との対話シーンのパネルです。

f:id:tamaeko:20160813235346j:plain

 

私もこのシーンにお邪魔してみました。セピア色の写真にするとあまり違和感がないでしょうか。(笑)

f:id:tamaeko:20160813235542j:plain

 

帰り道、駅まで歩くのは大変だなーと思っていたら、偶然タクシーがお寺まで参拝客を乗せてやってきたので、そのタクシーに乗って駅まで無事に帰ることができました。

青山禅院の入り口付近には「燃えよドラゴン」ロケ地に関しての紹介は見当たりませんでした。本殿の右わきから奥に進むとロケ地にたどりつきます。おそらく、場所が分かりにくいこともあってか、この日はファンらしき人はほとんど見当たりませんでした。

さて私が思うに、ここはかなりのパワースポットではないでしょうか。以前、那智大社を訪問した時のような、静かな高揚感がありました。今回、ブルース・リーのご縁で訪問できてとても良かったです。