読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tamaeの日記

主に旅の日記や趣味に関することなどを綴っていきます。

香港2016夏 再び四季煲仔飯(ボウジャイファン)へ

昨年10月の香港旅行の際、一度食した香港風土鍋炊き込みご飯の煲仔飯(ボウジャイファン)。とても美味しかったので、もう一度食べに来ました。もちろん、旅のパートナーに紹介したかったのが一番の理由です。彼は初めての訪問です。

MTR油麻地駅からすぐそばにある四季煲仔飯へ到着したのは午後7時ごろで、行列はありませんでした。私たちが入ってしばらくすると行列ができていました。

 

前回は飲み物の持ち込みができると知らなかったので、お店の暖かいお茶をいただきましたが、今回は、あらかじめ、お店の手前のコンビニでビールを購入し、お店に入りました。青島ビールは、軽くて甘い飲み口です。

f:id:tamaeko:20160731204255j:plain

 

今回はふたりで訪問したので、牡蠣の天ぷらも注文しました。魚醤のようなたれをつけて食べると、おとなりのご夫婦から教えていただきました。チリソースも相性が良かったです。この牡蠣の天ぷら、見た目は悪いのですが、意外や意外、驚くほどの美味しさで、ビールのつまみには最高でした!

f:id:tamaeko:20160731204528j:plain

 

煲仔飯(ボウジャイファン)は、2種の具入りで52香港ドル、私は前回と同じく鶏肉とシイタケにしました。

テーブルに鍋が運ばれてくると、おとなりのご夫婦が、蓋をあけるのを待つようにと教えてくださり、醤油をかける時間も合図してくださいました。とろみのある専用の醤油を回しかけて、よく混ぜていただきます。醤油をかけた後、もう一度蓋をして蒸らすことはしませんでした。

f:id:tamaeko:20160731205101j:plain

 

前回は、斜め前のおじさんの食べ方を参考にしましたが、お客さんによってさまざまのようです。この時のおじさんは、醤油をかけた後も蓋をしてしばらく蒸していました。

 

前回の訪問記はこちらです:

香港2015秋 美味しかった香港風土鍋炊き込みご飯 - tamaeの日記

 

食後は、天后廟周辺のナイトマーケットを見て歩きました。占いのテントが続く道もありました。日本語OKという占いがあれば試してみたかったです。ちょっと興味がありました。

f:id:tamaeko:20160731205908j:plain

 

散策の後は、ミルクプリンで有名な義順牛奶公司でコーヒー味のミルクプリンをいただきました。コーヒー味がかなりきいていて美味しかったです。このプルプル感は、他では食べたことがないくらい美味しいです。

f:id:tamaeko:20160731210230j:plain