tamaeの日記

昨日よりちょっといい日。旅や趣味に関することなどを綴っていきます。

バレエ「眠れる森の美女」

先週末の土日、二日連続で日本バレエ協会公演のバレエ「眠れる森の美女」を鑑賞しました。

 

f:id:tamaeko:20160324222035p:plain

 

昨年の「コッペリア」の時に、とても感動したのが、アレクセイ・バクラン氏の指揮でした。今年も、ときにメリハリが効いた情感たっぷりの演奏をオーケストラから引き出してくれました。もっと日本で指揮をする機会が増えたらいいのにと思います。この方の指揮なら音楽だけでも楽しめます。

 

さて、公演はというと、オーロラ姫を踊った酒井はなさんは、やはり素晴らしかったです。ステージに立つだけで、パッとその場がまわりまで明るくなるのは何故なんでしょうか。ローズアダージオ、たっぷり堪能しました。数年前に拝見したのが最後でしたが、今回観て思ったのは、何かがふっきれたのでしょうか、そういった雰囲気がありました。

日曜日にオーロラ姫を踊った小野絢子さんは、酒井さんとはまた違った魅力にあふれ、とてもチャーミングで、踊りも安定していて、観ていて楽しかったです。

カラボスの踊りと演技も迫力満点でとても楽しめました。

 

実は、この公演は、私が長年お世話になっているバレエの先生が、役付きになって出演した記念すべき公演でした。先生が踊るステージはたいてい拝見していますが、この日ばかりは嬉しくて涙があふれてしまいました。

 

バレエは何度観ても楽しいです。