読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tamaeの日記

主に旅の日記や趣味に関することなどを綴っていきます。

観てきました! 東京バレエ団 ブルメイステル版『白鳥の湖』

昨日、2月6日(土)午後2時開演、東京文化会館で、東京バレエ団の『白鳥の湖』を鑑賞しました。

 

f:id:tamaeko:20160207134821p:plain

 

主演の秋元君を観るのが一番の目的でしたが、オデット役の渡辺理恵さんもとても素敵な方でした。ふたりとも派手さはありませんが、静かな情熱を胸に秘めながら、ところどころでそれをほとばしらせながら踊るタイプの方かと思います。『白鳥の湖』は、ぴったりかもしれませんね。

 

もうしばらく前のことになりますが、秋元君が青年役を踊った『レ・シルフィード』を見てファンになりました。

今回は、お世話になっているバレエの先生が、秋元君が東京バレエ団でプリンシパルになったという最新情報を教えてくれたのがきっかけで観に行きました。

 

東京バレエ団の公演を観るのは初めてです。斎藤友佳理さんが芸術監督に就任されたそうで、ブルメイステル版の『白鳥の湖』を導入されたのも、斎藤さんのご尽力とか。ブルメイステル版は日本で上演されることは珍しいと思いますので、この機会に観れたのはとてもラッキーでした。

特に力を入れているなと感じたところは、主役の感情表現や民俗舞踊でしょうか。いつもの『白鳥の湖』とは違った魅力で楽しめました。道化やロットバルトもとてもよかったです!

秋元君扮するジークフリートが悩み苦しむ姿が大変美しかったです。