読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tamaeの日記

主に旅の日記や趣味に関することなどを綴っていきます。

マリインスキーバレエ 〜バヤデルカ〜

バレエ

3連休最後の日、今日は、上野の東京文化会館へバレエ鑑賞に出かけました。


演目はマリインスキーバレエの「ラ・バヤデール」。
オーケストラまで揃って来日の引っ越し公演です。



主役は若い二人、スコーリクとシクリャローフ。
ガムザッティはベテランのエフセーエワ。


スコーリクは手足が非常に長く、ザハロワのような印象を受けました。
もう少し踊りにキレと磨きがかかるとそうなるかもしれません。


シクリャローフはソロルの衣装と化粧がとても似合っていて、跳躍も余裕があって、空気をまとって踊っているようでした。しなやかな筋力が魅力的でした。


エフセーエワの安定感は、スコーリクの緊張感と対照的で、ベテラン対新人みたいで対比が楽しかったです。


太鼓の踊りの女性もとっても素敵でした。


それにしても、やっぱりバレエは大好きです。発表会の練習でけがをして以来、バレエはもうやめようと思っていましたが、バレエを見るとやっぱり自分も下手でも踊っていたいという気持ちになります。


今回は、この夏の発表会で踊る予定だったバリエーションもあって、一生懸命練習していたことを思い出して、少し涙目になってしまいました。


キーロフ劇場時代のDVDを2枚買いました。
それから、一緒に行ったバレエ教室のお友達にクリスマス仕様のお菓子をいただきました。ありがとうございました。