tamaeの日記

昨日よりちょっといい日。旅や趣味に関することなどを綴っていきます。

「三国志」

今日、本屋へ立ち寄って、いつもチェックしている棚の前を通りかかったところ、中学生の男の子とその母親らしき人が、新刊を持って話していました。

「これ、なんで第三部なんだろう?第一部と第二部は?」

その会話が耳に入り、何気なく棚を見ると、なんと、この数年ずーっと待ち続けた本が並んでいました。
その親子が持って話していた本と同じ本です。


泣き虫弱虫諸葛孔明』第参部

壱部、弐部ともしぬほど面白くて、語り手のスピード感ある文章に、すぐに引き込まれていってしまいます。電車の中で読んだりしたら大変!笑いをこらえるのが難しいくらいなんです。

まあ、とにかく、手に入ってよかった!

しばらくは夢中で読むことでしょう。


泣き虫弱虫諸葛孔明〈第3部〉

泣き虫弱虫諸葛孔明〈第3部〉