tamaeの日記

昨日よりちょっといい日。旅や趣味に関することなどを綴っていきます。

料理の撮影 〜7月から10月〜

先月、7月から10月掲載用の料理の撮影を行いました。



7月は「海の日」をテーマに、夏にふさわしい爽やかなデザートにしました。

『すいかとサイダーのゼリー』

上手に作れれば、サイダーのシュワシュワ感が残るゼリーになります。



8月は「野菜の日」をテーマに、野菜をたっぶり食べられるメニューです。焼いて浸すだけのシンプルメニューです。

『野菜と鶏もも肉の南蛮漬け風』

麺つゆに酢とトウガラシを加え、グリルした野菜と鶏肉を漬けるだけです。簡単だけど、見栄えはするし、美味しいし、お客様へのおもてなしメニューとしても使えます。お酒にもご飯にも合います。



9月は「敬老の日」をテーマに、長芋とブロッコリーのあんかけメニューです。

『長芋とブロッコリーのあんかけ』

長芋、山芋は胃腸に良く、長寿食としても喜ばれます。ただ、日本では、すりおろしてやまかけとか、千切りにして食べるとか、火を通さないメニューが多いので、火を通して美味しく食べられるメニューができないものかと考えていました。
最初は、中国のデザートにある長芋の大学芋みたいなものを紹介しようと考えていましたが、試作しては失敗の繰り返しで、たどり着いたのがこのメニューです。
失敗は成功の母と言いますが、本当に美味しくて、身体に良いメニューができてうれしい限りです。



10月は日本ではほとんど知られませんが「重陽節句」をテーマに、お弁当メニューです。

『焼き肉のりまき』

重陽節句は旧暦の9月9日で今の暦では10月中旬にあたります。この節句には菊の花を愛でるとかいろいろあるようですが、実際に中国の方に聞いた話では、高い見晴らしの良い丘などに登りお弁当を食べることもあるそうです。なので、ピクニックのお弁当メニューにしようかなと思いました。
焼き肉のたれで焼いた肉を、酢飯でのりまきにします。栄養のバランスを考え、茹でた野菜も一緒に巻きます。簡単だけど、とっても美味しいので、特別な日のお弁当や、おもてなしメニューとしても十分使えそうです。
社内の試食でも一番人気でした。欲張って具を多くして巻くと、のりまきが崩れやすくなるので注意してください。
これは、春に試作して、あまり美味しくできなかったメニューを改良して完成したものです。


すべて、日本食糧新聞社発行の「百菜元気新聞」に掲載予定です。イオンの野菜売り場で見つけてください。フリーペーパーです。