tamaeの日記

昨日よりちょっといい日。旅や趣味に関することなどを綴っていきます。

ちょっと気になった本のタイトル

今日、会社で、出張者の机の上に置いてあった数冊の本。
過激なタイトルが並んでいたけれど、どれもマーケティング用の素材らしい。


その中から、勝手に一冊借りてきて、先ほど読み終えました。


『バブル女は「死ねばいい」』〜婚活、アラフォー(笑)〜
杉浦由美子


アラフォー世代と団塊ジュニア世代が比較対象?というか、団塊ジュニア世代の目の敵がアラフォー世代という内容。
アラフォー世代の女子がバブルの波に乗って好き勝手やってきて、経済的にも世相にも恵まれて、今でもバブル時代の名残でちやほやされるし楽しそう。

一方、団塊ジュニア世代は、進学、就職とも厳しい時代を生きていて、婚活に精を出すも、なかなか自分のこだわりを捨てられず、というか、腹をくくることができず、一人のまま。
このまま、一人で人生終焉しちゃっていいの?


ってとこですかね。まとめると。


読んでいて怖くなったのは、自分の人生は誰が決めるものでもなく、自分が選んできた道とその延長線であることを、理解しているのかな?ってとこでした。


いろんなことがあって、自分がいて、そんな自分が世の中の一員で、こんな時代に生まれたのも、なんらかの理由があるのかもしれない。
でも、とことん答えを探さなきゃいけないものなのかな?
生きることって。