tamaeの日記

主に旅の日記や趣味に関することなどを綴っていきます。

読書

今週は、仕事関連で本を3冊読みました。
通勤中の電車の中と夜寝る前の時間。これだけでもけっこう読めるものです。


ジャンルは2つ。

ひとつは中医学関連の本。2冊。
もうひとつはロシア関連の本を1冊。


中医学のほうは、現在の中国より前の時代の清朝から前にさかのぼって、食の習慣などを調べているところ。なかなか思うような記述は見つからないものですね。
食文化については、以前に読んだ「中国料理の迷宮」という本がとても面白かったです。中国料理の歴史やエピソードについて知りたい方にはお勧めです。


ロシア関連のほうは、ロシア語の学習者向けのロシア語や文化の雑学について書かれた本。
私の仕事には冊子の編集もあって、そのためのネタの集積を時間を見つけてしているのです。
今回読んだ本は、私がロシア語を学んでいた時に感じた疑問などにも触れられていて、みんな同じこと感じながらロシア語を勉強しているんだなと思いました。


ロシアって国。情報はあまりないし、流れてくるニュースは友好的でないものが多いし、ロシア語を勉強したってだけで、変人扱いされるし。
でも、私が生で見てきたロシアには、力強く生きる人たちがいっぱいいて、心のあったかな人もとても多かったんですよ。