tamaeの日記

昨日よりちょっといい日。旅や趣味に関することなどを綴っていきます。

きのこの豆乳リゾット

漢方関連の仕事の延長線上に薬膳というジャンルがあります。
仕事では、季節のおすすめレシピなども紹介しています。
以前、栄養士さんと一緒に考案した、きのこと豆乳を使ったリゾットを自宅で作ってみました。
きのこを多めにしてみました。まろやかであっさりした味わいです。


【材料】2人分
米・・・1合
白まいたけ・・・1パック
しめじ・・・1/2パック
たまねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1かけ
オリーブ油・・・大さじ1
水・・・2カップ
豆乳(無調整)・・・1カップ
パルメザンチーズ・・・大さじ2
バター・・・10g
塩・こしょう・・・適宜


【作り方】

1)水と豆乳はまぜておく。にんにく、たまねぎはみじん切りに。きのこは粗く刻んでおく。
2)鍋にオリーブ油とにんにくを入れ中火にかける。にんにくの香りがたってきたら、たまねぎを入れ、半透明になるまで炒める。
3)きのこを入れしんなりするまで炒めたら米を入れ、米が透き通るまで炒める。
4)水と豆乳をまぜたものを少しずつ加え、焦げないように時々まぜながら弱火で煮る。(15分程度)
5)塩・こしょうで味を調え、パルメザンチーズ大さじ1とバターを加えまぜ、火を止める。
6)器に盛り、残りのパルメザンチーズをかける。


※ 米は基本的に洗いませんが、気になる場合には、あらかじめ研いでザルでよく水をきっておきます。
※ パンチの効いたコクが欲しい場合には、コンソメを加えてください。しっかりした味になります。



肺は皮膚と経絡でつながっています。白いものは肺を補うと考えられています。肌の潤いをアップするには、肺を補う食材を多めに摂ると良いというのが薬膳的な発想です。夜寝る前にホットミルクを飲むのも良いそうです。
また、きのこ類は気を補う作用があり、気は皮膚の毛穴をぎゅっとひきしめる役割もしているので、気を補うことは、毛穴のケアにもとっても良いのです。