tamaeの日記

主に旅の日記や趣味に関することなどを綴っていきます。

シンガポール2015夏 チャイナタウンとエッグタルト

シンガポール・スリングを飲んで、ほろ酔いのちょっと良い気分でチャイナタウンに向かいました。駅から出ると待ち受けていたカオスな雰囲気にすっかりのみ込まれてしまいました。いろんなお店を見て歩くだけで十分楽しかったです。そんな中、モスクだったり…

シンガポール2015夏 シンガポール・スリング

7月26日(日)、シンガポール滞在2日目、ホテルで朝食を済ませて観光へ出発。昨日、立ち寄れなかったセント・アンドリュース大聖堂を目指しました。雨が降っていました。日曜日でちょうどミサが行われていて、ガールスカウトらしき女の子たちが寄付金を…

シンガポール2015夏 ナイトサファリ

ホテルにチェックイン後、ルームサービスでアイスティーを注文して、一息ついて、ホテル内のイタリアンレストラン「ラ ブレッツァ」で夕食をいただきました。エアコンが効きすぎていてちょっと寒かったですが、お店の印象は全体的にとてもよかったです。サラ…

シンガポール2015夏 チキンライス

マーライオン公園を後にして、ラッフルズ上陸記念の地を目指しました。が、しかし、8月9日の建国50周年式典に向けて、総力挙げての修繕作業中?だったのか、ラッフルズの像には覆いがかぶさり、その周辺の建物は塗装作業で大忙し。遠くに見える大通りの…

シンガポール2015夏 マーライオン公園

ホテルに荷物を預けて、チェックインの時間まで市内観光。 最初に向かったのは、シンガポールといえばマーライオンということで、マーライオン公園です。MRT南北線でオーチャード駅からラッフルズ・プレイス駅へ向かいます。 H出口から地上に出ると高層ビル…

シンガポール2015夏 出発

2015年7月24日(金)深夜、羽田空港からシンガポールチャンギ空港に向けて全日空で離陸。油圧系統のトラブルで離陸が1時間ほど遅れましたが、順調なフライトで7月25日(土)早朝のシンガポールに到着。タクシーでホテルに向かい荷物を預け、市内観…

なりゆきまかせの龍井茶(ロンジンチャ)を巡る旅

2015年3月14日(土)杭州西湖は雨。西湖十景 曲院風荷の景色 西湖を遊覧カートでぐるっと周り、予約してあった梅家塢(メイジャーウー)の龍井茶観光処へ行く予定で、植物園の前のバス停で友達のジュンとふたり、103番の路線バスを待っていました。隣に並ん…

早春の上海&杭州へ

3月13日(金)〜16日(月)の日程で、上海&杭州へ行ってきました。 上海在住の友達から、今度はいつ遊びに来るの?と聞かれ、急遽、遊びに行くことに決定。杭州は今まで一度も行ったことがなかったので、杭州の茶館で西湖を眺めながらお茶でもして、ゆっく…

女帝の真の姿に迫る

先週、『泣き虫弱虫諸葛孔明』の4巻目を読み終えました。 劉備も亡くなってしまい、残るは孔明のみとなりました。ここからも、まだ面白い場面はたくさんありますが、あと1巻で終了してしまうのか、心配なところです。といっても、次に読めるのは約2年後で…

懐かしい本

今日も書店であれこれ立ち読みしてきました。 次に読む本を選んでました。歴史小説の新刊本に、酒見賢一著『泣き虫弱虫諸葛孔明』第四部があったので、迷わず購入。ちょっと重いけど、通勤時間に楽しみます。 泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部作者: 酒見賢一出版社…

小説『李世民』

小説『李世民』を読み終えました。 李世民 (上) 玄武篇 (日経文芸文庫)作者: 塚本?史出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2014/10/07メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 李世民 (下) 貞観篇 (日経文芸文庫)作者: 塚本?史出版社/メーカ…

ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団来日公演

先週金曜日、11月21日、ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団の来日公演へ行ってきました。今回は、人気ピアニストのツィメルマンとの共演だったためか、サントリーホールのチケットはすぐに売り切れてしまい、ミューザ川崎まで遠征することになりまし…

ウィーン旅行 音と映像の記憶

昨年10月にウィーンへ音楽鑑賞の旅をしました。 アーノンクール指揮コンツェントゥスムジクスウィーンのモーツァルトプログラムがCDになって発売された話は、ブログで書きました。 なんと、さらに嬉しいことに、ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団の…

ようやく最終巻に

9月から読んでいる『小説十八史略』、ようやく最終巻までたどり着きました。 秦の始皇帝のころや、項羽と劉邦、三国志あたりはある程度の知識があったので大変楽しく読み進めました。視点も変われば評価も違ってきます。そんなところも面白かったです。今は…

中国ドラマ☆続・宮廷女官ジャクギ 盛り上がってきましたね!

中国ドラマ☆続・宮廷女官ジャクギの放送が7回まで終了しました。はじめは、殷正に雍正帝の面影を見て、泣いてばかりの張暁にイライラしましたが、電気ショックを受ける事故でタイムスリップしていた時の記憶を失ってしまってから、ドラマがぐぐっと動き出し…

中国ドラマ☆続・宮廷女官 若㬢(ジャクギ) 輪廻の恋 スタートしましたね!

先週木曜日から中国ドラマ☆続・宮廷女官 若㬢の放送が開始されました!どんなストーリーなのか楽しみながら、放送を観ていきたいです。 木曜日と金曜日の2回を観ましたが、前回のドラマとは時代が違うし、登場人物もだいぶ違うようなので、まったく違うドラ…

引き続き歴史を

前回は『史記』の解説本と、小説『始皇帝』について書きました。その後、陳舜臣著『小説十八史略(一)』を読み始めました。『小説十八史略』は、十八史略を基にした小説で、登場人物がいきいきと描かれていて、読んでいるこちらも引き込まれていきます。こ…

歴史に没頭

最近、中国の歴史に関係あるドラマやアニメを観ているせいか、歴史が気になります。司馬遷の『史記』で事実を調べてみようと考え、私にも理解できそうな解説ものを選んでみました。教科書のような事実列挙で、流れはよくわかりました。ただ、学校の教科書で…

今週のお題「書くこと」

今週のお題「書くこと」書くこと。 あまり得意ではありませんが、ここ数年、仕事で中医学について書くことがありました。こうして羅列してみると、得意ではない割に、けっこう頑張りました。去年、検定本のテキストを執筆しました。わずか2ページ、800文…

『三国志』のビジネス本

2週間前、会社の図書室の蔵書の中から『水煮三国志』なる本を借りてきました。 水煮三国志作者: 成君憶,呉常春,泉京鹿出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター発売日: 2005/07/26メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (21件) を…

夏の読書

しばらく本のことを書いていなかったので、少し書きます。ブログもここ2年くらい適当になってますので、まあ、仕方ないですけど。(笑) 中国関連を一冊。 『テレビに映る中国の97%は嘘である』テレビに映る中国の97%は嘘である (講談社+α新書)作者: 小…

台北へ 3日目 台北101からの夕焼け

台北3日目。故宮博物院からお土産を抱えてホテルへ戻り、一息ついた私たち。今回の旅のクライマックスとして選んだのは台北101展望台です。地下鉄の駅から出ると建物の真下に到着です。 展望台入口がどこかうろうろして、ようやく発見。チケットを購入し…

台北へ 3日目 故宮晶華でランチ

台北3日目。初日に故宮博物院へ行きました。が、広くて半分くらいしか閲覧できなかったので、今日は、残りの半分を観るのと、あと、掛け軸をひとつお土産に購入する目的で、再び故宮博物院へ向かいました。初日の観覧は夜だったのでそれほど人も多く感じま…

台北へ 2日目 鼎泰豊で夕食

台北2日目。瑞芳から自強号で台北に戻ったその足で、今日の夕飯どころ、鼎泰豊本店へと向かいます。MRT東門駅から出てすぐのところ。店の前には大勢の人が待っていました。 順番待ちをしている間に、注文したい料理を用紙に記入していきます。入るまで3…

台北へ 2日目 九份

台北2日目。国父紀念館を見学した後、一路、九份へと向かいます。 MRT忠孝復興駅1番出口から出たところのバス停から、1062系金瓜石行きのバスで向かうことにしました。時間はかかるようですが、目的地まで乗り換えなしで便利です。出発前に、忠孝復…

台北へ 2日目 孫文と蒋介石紀念館

台北2日目。 まずは、中華民国建国の父、孫文と蒋介石に関する紀念館を回ります。午前中から照りつける太陽、気温36度の洗礼を受けながらのスタートです。最初に訪れたのは、蒋介石総統を記念して建てられた「中正紀念館」。地下鉄の改札を出たところに、…

台北へ 1日目

出発は成田空港。スクート航空で台北へ向かいました。 到着後、桃園空港からバスで市内へ。うっかりしてホテル近くの停留所を乗り過ごし、台北駅からMRTでホテルへ向かいました。 悠遊カード(Easy Card)を購入。通常のカードではなく愛をデザインしたカ…

台北へ 2014年盛夏

7月19日(土)から22日(火)の日程で、台北へ行ってきました。台北へは、実に7年ぶりの訪問になります。この間、交通機関(MRT)も路線が拡張し、大変便利になりました。今回もこれまでと同様、航空券とホテルを自分で手配したので、空港から市内への移…

アニメ「キングダム」

最近、テレビでずっと再放送されているアニメ「キングダム」。 週末、疲れてテレビをつけっぱなしでうたた寝していて、ふと目が覚めた時に、偶然このアニメを見ました。 ぼんやり見ていたら、秦とか政とか言っていて、どうやら日本の歴史ではないし、まさか…

トマトと新玉ねぎのピクルス

先日、トマトのピクルスが無性に食べたくなって、ピクルスを漬けてみました。いろいろなレシピがありましたが、まずは基本形からと思い、お酢と水、砂糖、塩、黒コショウ、ローリエで漬け汁を作って、そこに好きなハーブのディルを加えました。 野菜は、トマ…

初めての歌舞伎鑑賞

先月、初めて歌舞伎座で歌舞伎を鑑賞しました。 歌舞伎座の会員の方にチケットを予約していただいて、とてもよい席で鑑賞することができました。 鳳凰祭四月大歌舞伎 曽根崎心中 演目は、全部で4つ、踊りあり芝居ありで、作品の時代ごとの特徴などもあり、…

ウィーン旅行 音の記憶

昨年のウィーン旅行、思い出すたびに、旅行できて、しかも好きな音楽にじっくりと浸ることができて、本当によかったと実感しています。昨日、CDのニューリリースを検索していたところ、本当にうれしいことを発見しました。10月13日に楽友協会で聴いたあの…

ウィーン市内観光 その5

10月14日は、午後からバスツアーの予約をしていたので、朝は徒歩で市立公園と旧市街を巡りました。まずは、ホテルすぐ横の小さな公園へ。 ベートーベンの銅像があります。 ベートーベン通り。なんていうのもありました。 市立公園前の通り。並木も色づいてま…

ウィーン市内観光 その4

10月13日の午後は、美術史博物館へ。ウィーンへ行くなら外せないというようなことがガイドブックには書いてありました。もちろん、美術館や博物館が好きなので、最初から予定に入れていました。美術史博物館と自然史博物館は対になって建っています。その真…

ウィーン市内観光 その3

10月13日は朝からオペラ座横のCDショップへ向かいました。すると、チロル各地の様々な民族衣装を着た人たちのパレードに遭遇しました。音楽隊の演奏に続いて皆が行進していくので、それについてしばらく歩きました。観光用のイベントか何かでしょうか。よ…

ウィーン市内観光 その2

10月11日〜10月16日の日程でウィーンへ音楽鑑賞の旅をしました。コンサートは夜なので、昼間は旅行会社のバスツアーへ参加したり、一人でぶらぶら街歩きをしたり、美術館を回ったり、気ままに過ごしました。 秋のひんやりとした空気、黄色く紅葉した並木、気…

ウィーン市内観光 その1

2013年10月11日、定刻より1時間遅れで成田からオーストリアのウィーンへ出発しました。 ウィーンへ到着した日は、かなりの雨が降っていました。空港から市内へ向かう途中、雨は徐々に小降りになり、車の中から、とても大きな虹が見えました。さて、翌朝、10…

ウィーンへ 楽友協会10月14日

10月14日(月)19:30から、楽友協会にて、マリス・ヤンソンス指揮、バイエルン放送交響楽団による、ベルディ「レクイエム」を鑑賞。 前日に引き続き、2日連続での楽友協会でのコンサート鑑賞、趣味に没頭できてとても幸せでした。 会場の外にはドイツのテレ…

ウィーンへ 楽友協会10月13日

10月13日(日)19:30から、楽友協会にて、ニコラウス・アーノンクール指揮、コンツェントゥスムジクスウィーンによる、モーツァルトプログラムを鑑賞。 演目: ・「魔笛」序曲 ・交響曲39番KV543 ・交響曲41番「ジュピター」KV551 ウィーン楽友協会でコンサ…

ウィーンへ オペラ「アイーダ」鑑賞

10月12日(土)19:00から、ウィーン国立歌劇場にて、オペラ「アイーダ」を鑑賞。 劇場に到着したら、係りの人に急ぐように言われ、「???」と思いながら、早足で3階のボックス席へ。着席するのとほぼ同時に序曲の演奏が始まりました。後で確認したら、開…

ウィーンへ 音楽鑑賞の旅

この秋の最大のイベントとして、ウィーンへ音楽鑑賞に行ってきました。 会社から永年勤続のご褒美として旅行券をいただき、何に使おうか、かなり長いこと考えていましたが、 「そうだ!音楽を聴きに行こう!」 ということで、憧れのコンサートホールである「…

春の熊野古道 〜花粉症〜

熊野古道への旅について、あれこれ書きこんでいきたいところですが、旅行前にすごく気になって仕方なかったことについて、整理します。 熊野といえば、杉で有名です。そして、私はスギ花粉症の重症患者。ということで、杉の花粉が飛んでいる春の熊野古道への…

春の熊野古道

久しぶりのブログ更新です。 4月14日(日)〜16日(火)の日程で、熊野古道へ旅してきました。 大自然、歴史と信仰、温泉と日本人の原点を見るような旅でした。 初日は、名古屋に集合、南紀2号で新宮下車、瀞峡(どろきょう)へ。 熊野川の瀞峡と呼ばれると…

2012年大晦日

まるまる一カ月ブログの更新をせず、ふと気がつけば、2012年もあと数時間で暮れようとしています。 ロジャー・ノリントン指揮、N響の第九を聴きながら、せめて2012年の最終日の足跡を残そうかなと思いました。 年末になって、実家の母が風邪をひき、その代…

秋の京都へ 〜朝の法要・写経体験〜

前日の夜、豪華な夕食をいただいた私たち。翌朝は、知恩院の法要と法話、その後の写経体験と、俗世の汚れを洗い落とすようなプログラムでスタートしました。 知恩院のお堂。外国から参加されている方もいらっしゃいました。ほとんどが年配の方々で、地方から…

秋の京都へ 〜夜の高台寺〜

料亭・菊乃井を後にして、ほろ酔い気分の私たちが向かったのは、高台寺。ねねこと北の政所が豊臣秀吉を弔うために建立したお寺だそうで、私は今回初めての訪問でした。 秋の紅葉の時期に、京都ではお寺のライトアップをしているそうで、高台寺でもライトアッ…

マリインスキーバレエ 〜バヤデルカ〜

3連休最後の日、今日は、上野の東京文化会館へバレエ鑑賞に出かけました。 演目はマリインスキーバレエの「ラ・バヤデール」。 オーケストラまで揃って来日の引っ越し公演です。 主役は若い二人、スコーリクとシクリャローフ。 ガムザッティはベテランのエフ…

秋の京都へ 〜料亭・菊乃井本店〜

夜は料亭・菊乃井へ。 初めてのことで、とってもドキドキです。 しかも、舞妓さんのお座敷もお願いしたので、よけいドキドキしました。 雨の上がった後のしっとりした、そして冬の気配すら感じさせる冷んやりとした空気の中、宿から歩いて円山公園を抜け、そ…

秋の京都へ 〜昼の観光〜

11月14日(水)〜15日(木)の2日間の日程で、京都へ行ってきました。 今回は、仕事でお世話になっている方々からお誘いを受けての旅行でした。 プログラムがとても素敵で、2日間にギュッと凝縮した内容の濃い旅となりました。 到着してその足で向かったのは…

ちょっとした旅行気分

先週末、秋晴れの爽やかな空気の中、初めてのディズニーシーへ。 ちょっとした旅行気分を味わいました。 まずは水の都へ 回廊から望む建物 水路をゴンドラに揺られて移動 ゴンドラで橋を潜り抜ける 次はアーリーアメリカンの汽車で移動します 最後はアラビア…