tamaeの日記

主に旅の日記や趣味に関することなどを綴っていきます。

上海2017初夏 コンサートを聴きに上海へ遠征してきました

5月27日(土)から29日(月)の3日間の日程で上海へ行ってきました。

ことの成り行きはゴールデンウィークにさかのぼります。今年のゴールデンウィークは数年ぶりにラ・フォル・ジュルネというクラシック音楽の祭典に行き、学生時代の友達と再会したことから、上海行きが決定しました。友達が応援しているピアニストが5月28日に上海で公演することになっているけれど、彼女は中国へ行ったことが無く、チケットもどうやって手に入れたらいいかと悩んでいたのです。

それならお任せあれ!

上海に友達がいるので、すぐに友達にチケットを取ってもらうよう依頼し、自分たちは航空券とホテルを予約。

ということで、あっという間に、上海行きが決定しました。

 

コンサートは、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団とピアニストのドミートリー・マスレーエフの共演です。

f:id:tamaeko:20170604002340j:plain

f:id:tamaeko:20170604002611j:plain

 

成田から上海へ。2年ぶりの上海。前回は杭州で楽しい経験ができました。

tamaeko.hatenablog.com

 

さて、演奏会はどうだったのかというと、楽しかったです。

中国のコンサートホールは初めてです。上海の中心地、人民広場にある上海大劇院というコンサートホールです。とても立派な作りで音響も良かったです。

この日のプログラムは、次の内容でした。

シベリウスの「クリスティアン2世」から夜想曲
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番
ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲
ドビュッシー交響詩「海」

オーケストラは、この日の金管はちょっと残念でしたが、色彩豊かに奏でられる音はさすがフランスのオケと感じました。

指揮者のミッコ・フランクとピアニストのマスレーエフの曲の捉え方に多少ずれがあったのか、協奏曲ではオケとピアノのテンポに若干の違和感もありましたが、どちらもとても良い出来だったと思います。

フランスのオケは音色が豊かなので、たっぷりした印象で奏でたい様子。一方、ピアニストのマスレーエフはナチュラルに表現したかったのでしょうか。ラフマニノフ自身の録音が残されていますが、かなりのハイスピードでの演奏ですし、ウラジーミル・ホロヴィッツの演奏もびっくりするくらいの高速演奏です。なので、ロシアの演奏家はこういった演奏を志向するのかもしれません。

コンチェルト以外では、第一曲目も大変素敵でしたが、ドビュッシーの曲は、このオーケストラの本領を発揮する出来だったと思います。

指揮者のミッコ・フランクはなぜだか、指揮台の上に椅子を置いて、座って指揮をしていました。最初、体の具合が悪いのかと思っていましたが、どうやらそうではなく、曲が盛り上がって来た時に急に立ち上がって、まるで踊るように体を動かして足でステップを踏んで指揮をし始めたので、これにはかなり驚きました。それくらい、オーケストラとの一体感が取れたすばらしい出来だったのでしょう。

f:id:tamaeko:20170604005407j:plain

f:id:tamaeko:20170604005419j:plain

f:id:tamaeko:20170604005803j:plain

f:id:tamaeko:20170604005818j:plain

f:id:tamaeko:20170604005828j:plain

f:id:tamaeko:20170604005846j:plain

f:id:tamaeko:20170604005900j:plain

 

話は前後しますが、協奏曲が終了して休憩に入りました。そうしたら、何と、ピアニストのマスレーエフ自身が客席へ直接やってきて快くファンの応対をしていました。後半のオーケストラの演奏も最後まで会場で聴いていました。

とってもまじめな人という印象が残りました。今後の活躍を期待しています!

f:id:tamaeko:20170604011402j:plain

香港2017春 上環の福建茶行へまっしぐら

香港旅行の前にいろいろネットで調べて興味を持ったお店「福建茶行」へ行ってきました。

MTR上環駅のA2出口を出て右手前方の道(孖沙街)へ入ってしばらく進むとお店があります。

福建茶行

f:id:tamaeko:20170422232222j:plain

地図のペガサスマークがお店のある場所です。

 

お店の前に到着したものの、「言葉がわからないし、一人だし、心細いな」と、しばし逡巡。しかし、ここまで来て帰ったのでは意味がない。思い切ってお店に入りました。

お店に入って左手に、ケースに入ったお茶がずらーっと並んでいます。ぼんやり眺めていると、「プーアル茶ですか?」とお店の人から声をかけられました。ネットですでに顔を見たことのある店主の楊さんでした。

ネットでは、鉄観音茶を自社焙煎しているとあったので、鉄観音茶について尋ねてみると、お店の奥で試飲をさせていただけることになりました。

 

お湯を沸かしている間に、ネットで楊さんを見たこと、お店のマスコットの猫ちゃんを見たことを告げると、店の片隅で寝ていた猫ちゃんを起こしてくれました。猫ちゃんは、楊さんやお店に来ていた楊さんの知り合いらしき数人のおじさんたちに「アカン」と呼ばれていました。

 

気持ちよく寝ていたところを起こされて、ぼんやりした顔の猫ちゃん。ちょっと不機嫌?

f:id:tamaeko:20170422234756j:plain

 

お茶の淹れ方を勉強のためじっくり観察。お茶の葉を急須に入れてお湯を注ぎ、一度目はすぐにお湯を捨てます。二度目に注いだお湯でお茶を出します。急須にお湯を入れてあまり時間をおかず、茶海にお茶を注ぎます。それを小さな湯呑に注いでいきます。もっと時間をかけて蒸らしたりするのかと思っていましたが、お湯を急須にめいっぱい入れてほとんどすぐに茶海にお茶を注ぎ切ります。

ちなみに、急須は、プーアル茶鉄観音茶は違うものを使用します。プーアル茶の急須は鉄観音茶のそれより一回り大きいものです。楊さんが説明してくださいました。

f:id:tamaeko:20170422234939j:plain

 

手際良くお茶をいれる楊さん。いつもニコニコ、笑顔が素敵です。

f:id:tamaeko:20170422234919j:plain

 

一度の目のお茶。プーアル茶。このあと、3回くらい同じ茶葉のプーアル茶をいただきましたが、回数を重ねるごとに色が濃くなっていき、味も濃くなっていきます。10回くらいは、同じ茶葉で淹れられるそうです。コスパいいですね。

f:id:tamaeko:20170422235338j:plain

 

お茶の色が違うのが分かるでしょうか?左は二度目に淹れたプーアル茶。右が一度目のものです。

f:id:tamaeko:20170422235607j:plain

 

こちらが二度目に淹れたプーアル茶。この茶葉は10年(くらい?)長く熟成させたもので、かなりまろやかなお味でした。

f:id:tamaeko:20170422235730j:plain

 

次は、お待ちかね、鉄観音茶の試飲です。最初に茶葉を見せていただきました。左が6時間焙煎のもの、右が60時間焙煎のもの。鉄観音茶というと、左の緑っぽいお茶が、馴染みがあるでしょうか。

f:id:tamaeko:20170422235851j:plain

 

お茶の色を比べてみると、一目瞭然。上が焙煎6時間のもの、下が60時間のもの。これだけ色が違いますが、お味もかなり違いました。焙煎が浅いものは、香りが華やいでいて、まるで何か香料を加えたのではというほど、芳しく、お味はすっきり爽やか。一方、60時間ものは、口に含むとパンチのある香ばしさ。かなり渋く感じました。

楊さんに、どちらが好みか聞かれたので、6時間焙煎のものと答えると、若い人は6時間を、年をとってくると60時間を好むようになるので、あなたはまだ若いね、と言われました。(笑)

f:id:tamaeko:20170423000141j:plain

 

お茶を試飲している間、猫ちゃんは、自由に気の赴くまま、あちこち歩き回っていました。楊さんがドライタイプの猫の餌を出して、ご機嫌をとってくれました。

f:id:tamaeko:20170423000554j:plain

 

まだ1歳だそうですが、かなりのジャンボ猫でした。かわいかったです。

f:id:tamaeko:20170423000611j:plain

 

お店のシンボルマーク。赤いペガサス

f:id:tamaeko:20170423000628j:plain

 

お店の中には、お茶が入った箱が積み上げられていました。10斤でどのくらいの重さなんでしょうか。

f:id:tamaeko:20170423002052j:plain

 

6時間焙煎の鉄観音茶とプーアル茶をそれぞれ300グラム購入しました。400香港ドルでした。

香港の他のお店でお茶を購入したことはありませんが、かなり良心的な価格かと思います。スーパーマーケットでちょっとしたお茶の値段を見ても、ここより高いものが多いようです。

味わいのあるオールド香港を切り取ったような、雰囲気たっぷりのお茶やさんです。タイムスリップした気分を味わえます。ゆったりとした時間を過ごすことができました。

 

このあと、ちょっと先にある香港伝統菓子の店「陳意齋」でエビの卵入り湯葉ロールを買い求め食べながらホテルへ戻りました。

 

 

香港2017春 食事など

今回のひとり旅では、つぎの4か所で食事をしました。お粥、点心、中国茶、中国麺とどれも手ごろな価格で美味しかったです。

1.逸翠軒点心専門店

2.糖朝

3.楽茶軒(Lock Cha Tea House)

4.譚仔雲南米線

 

1.逸翠軒点心専門店

宿泊先のリーガルカオルーンから地下鉄の入り口P2へ向かう途中、Mody Road沿いのMirror Tower 1階にある「逸翠軒点心専門店」、シャングリラホテルの向かい側の点心屋さんですが、地元の人や家族連れ、観光客も多く、ひとりでも入りやすいお店でした。朝食にお粥と腸粉を頼んで49ドルでした。お茶代3ドルは含まれています。

 

お粥には魚とピーナッツが入っていますが、これが意外に美味しかったです。

f:id:tamaeko:20170320220026j:plain

 

腸粉はバーベキュー味のチャーシュー入りのもの。腸粉が運ばれてくるとテーブルに乗せる直前に、薄い醤油のようなたれをかけてくれました。こちらもプルプルで美味しかったです。

f:id:tamaeko:20170320220033j:plain

 

2.糖朝 

 翌日の朝食は「糖朝」本店で。きのこや鶏肉団子がはいっているものを注文。こちらのお粥は昨日食べたのとは全く違い、濃厚でした。昨日のは食べやすいけど、濃度でいうととても薄いものです。水分が多いんですね。こちらはしっかりお腹にたまってくれますのでかなり満足感も得られます。

f:id:tamaeko:20170320221357j:plain

f:id:tamaeko:20170320221410j:plain

 

もうひとつ注文したのが暖かいデザートです。ハシマ(雪蛤:中国東北地方に生息するカエルの輸卵管)を使って、ナツメと蓮の実と一緒に煮込んであるスープ状のデザートです。中医学(中国の伝統医学、中国漢方)では、陰陽バランスを重視していますが、ハシマは陰を強力に補ってくれる素材として、中国では良く食べられているんです。陰ってどういうことかっていうと、簡単に言うと潤いのことです。加齢とともに潤いが減っていきますが、食べ物や睡眠をたっぷりとることで陰を補うことができ、アンチエイジングに役立つんです。そういったわけで、張りと潤いのある美肌のために私も陰を補いました。(^^♪

糖朝では、二品で130ドルくらいでした。このほかにお茶代が12ドル、サービス料10%が加算されます。

f:id:tamaeko:20170320221420j:plain

  

3.楽茶軒(Lock Cha Tea House)

次に香港公園の中にある茶芸館を訪問。建物には羅桂祥茶藝館と書かれていますが、お茶を飲んだのは楽茶軒(Lock Cha Tea House)というお店のようです。以前、この隣にあるお茶の歴史、茶器の歴史が展示されている茶具文物館を訪ねた際に、こちらの茶芸館にも寄ったのですが、予約で満席で入れませんでした。今回は、午後3時半に伺ったのですが、4時半から演奏があるのでそれまでならOKということで、お茶をすることができました。

f:id:tamaeko:20170321220512j:plain

f:id:tamaeko:20170321221221j:plain

 

さて、中に入るととっても素敵なお店のつくり。お茶のメニューだけでもすごいボリュームでどんなお茶を選んだらよいかかなり迷ってしまいました。今回は鉄観音茶を注文。お茶はお湯を注いだら、となりの茶海にそそぎ切り、そこから小さな湯呑に入れて飲みます。お茶がなくなったら、銀色のポットに湧いているお湯を急須に注ぎ、また茶海に注ぐといった具合で楽しみます。

f:id:tamaeko:20170321221236j:plain

 

小腹が減っていたので、点心も注文。メニューが漢字ばかりでまったくわからず、こちらは、蒸○○糕という名前だったので、何かカステラのようなものを想像して注文したところ、切干大根とにんじん、きくらげ、もち米などから出来た塩味の大根餅のようなものでした。薄い醤油味のたれをつけて食べます。これが意外に美味しかったです。

f:id:tamaeko:20170321221259j:plain

 

こちらは、甘い点心。蓮の実でできた餡子が入っているもので、甘すぎず美味しかったです。もう一皿食べたかったくらい。

こちらは3品で100ドルくらいだったと思います。お茶の種類によって値段が大幅に変わります。

f:id:tamaeko:20170321221317j:plain

f:id:tamaeko:20170321221329j:plain

  

4.譚仔雲南米線

こちらはエステの帰りに寄ったチムサーチョイのお店。チェーン店でしょうか。若い人が一人で食べている姿を多く見かけました。米線は日本では食べられるお店はほとんどありませんが、中国では麺の一種として、わりとあちこちで見かけます。お米の麺を細長ーく伸ばしたもので麺が長いのが特徴です。スープは鶏がメインでしょうか、あっさりして日本人には食べやすい味です。ただし、注意しなければならないのが、雲南料理という点。辛いんです。このお店の麺は、辛さを10段階で選べるようになっていました。もちろん、私は辛いのが苦手なので1にしました。それでも、スープを飲むとむせそうになりました。

f:id:tamaeko:20170321223836j:plain

 

雲南米線は、過橋米線が有名です。過橋米線がメニューにあったので、お店の人に伝えると、「ダメダメ」と仕草で伝えられました。どうやら、かなりのボリュームで一人では食べきれないよと言いたかったようです。トッピングが何種類もあるようでした。お店の人からは、トッピング1種類を選ぶといいと、身振り手振りでアドバイスがありましたので、牛肉を選びました。湯葉もたくさん入っていました。1種類でもかなりのボリュームのトッピングだったので、過橋米線を注文したらどうなっていたでしょうか。

麺の隣にあるのは、黒きくらげのラー油和えです。辛かったです。でも、美味しかった。ビールがあればもっと良かったです。

こちらは2品で約50ドルでした。飲み物は頼まずお水をお願いしたら、湯ざましを持ってきてくれました。中国では氷の入ったお冷はまず出てこないので、お腹にはとても優しいと思います。辛いのは別ですが・・・。

f:id:tamaeko:20170321223848j:plain

 

今回は特別高級なものを食べることもありませんでしたが、まあまあ美味しい食事を楽しめました。

 

香港2017春 香港芸術節 45th Hong Kong Arts Festival

今回の香港旅行期間中、第45回目となる香港芸術節の開催期間中(2017年2月16日~3月18日)ということで、美術展やクラシックコンサートなどが企画されていました。せっかくの機会なので、コンサートを聴きに行ってきました。

 

日本のコンサートとは違うなと思うところは、ここのコンサートホールの造りと関係すると思いますが、開場が公演15分前だったこと。コンサート前にビュッフェでお茶をしながらパンフレットを楽しむことができませんでした。けっこうこの時間が大切なんです。私には。

 

それから、コンサートの冒頭で指揮者の葉詠詩さんが曲の説明をしてくださったこと。広東語と英語の両方でわりと詳しく紹介してくださいました。これは驚きました。これまで聴いてきた中で、コンサートの前に曲を解説した指揮者は、ウィーンで聴いた今は亡きアーノンクールくらいです。ファンにとっては嬉しいですね。

 

f:id:tamaeko:20170319211459j:plain

f:id:tamaeko:20170319211521j:plain

f:id:tamaeko:20170319211534j:plain

f:id:tamaeko:20170319211622j:plain

 

日時:2017年3月12日(日)午後8時開演

会場:香港大會堂音楽廳 HK City Hall Concert Hall

演奏:香港小交響楽団 Hong Kong Sinfonietta 

音楽監督・指揮:葉詠詩 Yip Wing-sie

コンサートのタイトル:月魄 Ethereal is the Moon

 

演目:

張慶恩 「月魄」二胡協奏曲

ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調

ショスタコーヴィチ 交響曲第9番変ホ長調作品70

 

二胡(胡弓)のための協奏曲に興味がありました。二胡の音色から想像すると、たおやかな優しさに包まれるような柔らかい曲を勝手に想像していました。曲は5つのパートから成っていて、全体で26分です。曲のタイトルには、中国北宋時代の蘇東坡(蘇軾)の詩「獨騎痩馬踏残月」から名付けられたものもあるとパンフレットに記載されています。

曲はどうだったのかというと、ひっそりとどこかで何かミステリー系の事件や殺人事件が起こるような月夜を表現しているような、ちょっと背筋が寒くなるような曲でした。

二胡の特徴といえる伸びやかでのどかな雰囲気はまったくなく、時に張りつめた空気を切り裂くように、時に激しい嵐の中で叫ぶように力強い音を奏でていました。

 

ラヴェルのピアノ協奏曲はとても楽しかったです。クラシックの領域を少しはみ出しているような曲なので気楽に聴けるのかもしれません。

 

コンサートが終わって外に出ると、香港到着以来ずっと曇りだった空に満月が輝いていました。月をテーマにしたコンサートの後に見上げる満月はとても印象的でした。

f:id:tamaeko:20170319211716j:plain

 

ホテルに到着後、ミュンヘンの美味しいビールを飲んで就寝しました。安いのに美味しい。嬉しいですね。のどごしではなく味わうタイプのビールです。

f:id:tamaeko:20170319211838j:plain

 

蛇足ですが、コンサート会場となったHong Kong City HallまでのMTR中環駅からの道順について、ガイドブックでは、J3出口から徒歩3分と書かれていましたが、とても3分では着きません。昼間にチケットを買いに出かけたついでにルートを確認してわかりました。

中環駅K出口から出たら、真後ろにある地下道を通ると3分くらいで到着できます。

旅行をしていていつも思いますが、ガイドブックは参考程度にしか頼りになりません。自分で確かめることが一番確実ですね。

 

香港2017春 機内エンターテインメント

お題「最近見た映画」

 

香港へ向かう機内では、映画と音楽を楽しみました。映画は新しいものも数本ありましたが、アン・ハサウェイ主演の「マイ・インターン」という少し前のものを観ました。感想は、うーん、特に特別なものはありません。コメディタッチでときどき笑えました。

ロバート・デ・ニーロが20世紀を代表するいい男の化石のようで、すごくいい味を出していました。今は男性に強さとか頼もしさとかを求める時代ではなくなってしまっているので、彼のように頼れる存在があれば、みんな心を許してしまうだろうなと思いました。でも、良く考えてみれば、これって人柄の問題で、時代とは関係ないですね。人間としての経験値や懐の深さ、器の大きさが関係してますから。そういった存在が身近に得られたら、嬉しいかもしれません。

f:id:tamaeko:20170318232505j:plain

 

あとは、クラシック音楽を聴いて過ごしました。一番良かったのは、ウラジーミル・ホロヴィッツの演奏。ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番が印象的で、何が印象的かって、そのスピード。飛ばしまくり。第一楽章のこんなに早い演奏はいまだかつて聴いたことはありません。この協奏曲は大好きなので、いろんな人の演奏を聴いているので、なおさら、ホロビッツの演奏が印象に残りました。CDが欲しくなりました。

f:id:tamaeko:20170318232611j:plain

 

展覧会の絵も好きな曲の一つ。ピアノの演奏も良いですが、オーケストラ版はもっと楽しいです。

f:id:tamaeko:20170318233330j:plain

 

香港までは4時間くらいのフライトでしょうか。機内食をいただいて、映画観たり音楽聴いたりしているとあっという間に到着してしまいます。今回も楽しませていただきました。ありがとうございました。

香港2017春 香港の春は肌寒かった

お題「好きな街」

昨年はここ数年の中で一番といっていいくらい忙しい年でした。今まで印刷物中心でやってきた仕事に、昨年、ようやくというか、ついにというか、ウェブ関連の仕事が加わり、本格的に取り組まなくてはならなくなり、それに加え、リアルイベント開催などというおまけの仕事まで加わり、てんやわんやの日々。

 

そんな中、ANAのマイレージが貯まったので、この春の香港往復航空券を予約。

 

ということで、春先一番の大仕事を片づけて、3月11日(土)から14日(火)まで香港で休暇を楽しんできました。

 

f:id:tamaeko:20170316223142j:plain

 

昨年夏以来の香港。湿度は高いものの気温は18℃と意外と肌寒く、飛行機が着陸すると同時くらいから頭痛がし始めました。

 

このあと、初めてエアポートエクスプレスという市内まで早く連れて行ってくれるという電車に乗りました。九龍駅からリムジンバスに乗り換えホテルへ向かうのですが、まず、バスが小さかったこと、それから荷物(スーツケース)を自分でバスに積まなければならないこと、それから九龍駅からホテルまで渋滞でかなり時間がかかったことなどもあり、高い割に時間がかかり、不便だということが判明。

 

今まではシティフライヤーというリムジンバスを使っていて、こちらも自分で荷物は積む必要はあるし、時間帯によっては渋滞はしますが、乗り換えの必要はないし、安いし、たくさん本数も出ているし、という理由から、今後はシティフライヤーを愛用することを心に誓ったのでした。(どうでもいい話ですが...^^;)

 

ホテルは、九龍半島の中心地である尖沙咀(チムサーチョイ)にある、リーガルカオルーンホテル(富豪九龍酒店)に3泊しました。

 

このホテル、なぜだか宿泊客の評価があまり高くなかったのですが、どうしてどうして、なかなかよいホテルだったと思います。

まず、立地の良さ。徒歩であちこち出かけるのに便利。

それから、従業員のホスピタリティー。どこでもホテルの中で会うと笑顔であいさつしてくれたり、声掛けしてくれたりで、とても印象がよかったです。香港で笑顔で接客してくれるところを探すのはけっこう困難ですから。

 

また、ひとりで宿泊したのですが、ツインルーム(ダブルベッドがふたつ)で、部屋がとても広くて、十分くつろげました。お湯の出も良く、レインシャワーも使いやすくて、お値段の割にとても良いと思いました。

 

f:id:tamaeko:20170316225045j:plain

f:id:tamaeko:20170316225059j:plain

 

などと、ホテルを称賛していますが、到着した日は、実は、その後、頭痛がかなりひどくなり、チムサーチョイへ買い物へ出たものの、脂汗が出てきて気持ち悪くなり、ホテルへ早々に戻り、午後8時前には就寝したのでした。

 

前の日まで、入稿する原稿のやりとりでかなりの緊張を強いられた日々を送っていたので、疲れが一気に出たようです。あとは、飛行機の中でワインたくさん飲んじゃったからかもしれません。

 

 

大興奮!大相撲九州場所初日を観てきました!

今年の大相撲九州場所は11月13日(日)から15日間の日程で開催されました。

初日、知り合いのつてで桝席のチケットをとっていただけたので、早朝に羽田から福岡まで飛んで観戦してきました。大相撲はテレビでは子どものころから見ていますし、ひいきの力士もいますが、実際に生で観戦するのは生まれて初めてのことです。この日をとても楽しみにしていました。

 

f:id:tamaeko:20161211215951j:plain

 

会場に入ると指定の桝席まで担当の方が案内してくれました。私が座ったところは東の力士が出入りする横で前から2番目の桝席でした。この席のおかげで、テレビを見ていた会社の人からメールが入りました(笑)。それまでテレビに写っているとも知らず、スマホでガンガン撮影しまくっていたので、友達からは「スマホばかりいじるな」とメールが入りました。^^;

さて、席からはどのように見えるかというと、写真の通りです。

 

f:id:tamaeko:20161211220502j:plain

西の幕内力士の土俵入り。

 

f:id:tamaeko:20161211220520j:plain

西から稀勢の里が入場。

 

f:id:tamaeko:20161211220631j:plain

f:id:tamaeko:20161211220641j:plain

大関稀勢の里は一番最後に登場です。

 

f:id:tamaeko:20161211221042j:plain

横綱日馬富士は東から入場。こんな感じで写真が撮れるくらいの席で観戦したので、興奮するなと言うほうが無理です(笑)。

 

f:id:tamaeko:20161211221211j:plain

横綱鶴竜の土俵入り。

 

横綱土俵入りでは、白鵬日馬富士は不知火型、鶴竜は雲竜型で、四股の踏み方、縄の結び目など違います。不知火型の結び目は蝶々のような結び方です。

横綱の土俵入りは威厳があり、観ているこちらも緊張しました。

 

f:id:tamaeko:20161211221620j:plain

f:id:tamaeko:20161211221715j:plain

f:id:tamaeko:20161211221727j:plain

行事さんのいでたちがどなたも素敵でした。

 

f:id:tamaeko:20161211221741j:plain

稀勢の里。待っているときもかわいい。今場所、途中までいい線いってましたが、意外なところで、いつものように負けてしまい、優勝争いから脱落してしまいました。でも、年間最多勝の記録だけは死守できました。長年応援してきたファンとしては嬉しいです。

ところで、話は少しそれますが、千秋楽にテレビで大相撲観戦をしていたところ、稀勢の里の取り組みになった時、解説の北の富士さんが仰っていたことが気になりました。なんでも二所ノ関親方(若嶋津)が稀勢の里の稽古を見て、四股の踏みが足りないといっていたと。三回四股を踏んでは休み、また三回踏んでは休みでは、だめなんだそうです。四股ってそんなに大事なのかと初めて知りました。

実際、四股は基本の姿勢なので、基本が続けてできないのは大問題なのかもしれませんし、そこが稀勢の里がときどき見せる脆さの原因になっているかもしれません。

 

f:id:tamaeko:20161211221808j:plain

横綱白鵬と関脇隠岐の海の対戦。隠岐の海は今場所いまひとつ調子がでなかったですね。上位陣との対戦が多かったからでしょうか。足首が悪そうでした。

 

f:id:tamaeko:20161211222409j:plain

勝って引き上げる白鵬

 

f:id:tamaeko:20161211222530j:plain

ワーワー言いながら観戦していたら、2時間半があっという間でした。

 

会場の外に出たら、すでに日が落ちて真っ暗でした。

 

f:id:tamaeko:20161211222548j:plain

f:id:tamaeko:20161211222601j:plain

 

大勢の観客にまぎれてお相撲さんも帰っていきます。

とても楽しかったので、年明けてすぐの初場所のチケットをとりました。今度は両親と一緒に行く予定です。